フライヤー印刷は格安高品質でしかも早い、渋谷駅徒歩5分のラポールへ。

スペース
HOME >データ作成上の諸注意 >

データ作成上の諸注意(ai・epsデータ)

○仕上がり見本について
仕上がり見本としてプリントアウトしたもの(持ち込み・郵送でご入稿の場合)又は アウトライン化した後のpdfやjpeg画像(メールでご入稿の場合)を必ず添付してください。
○フォントについて
使用フォントは自由ですが、入稿時には必ずすべてのフォントをアウトライン化)して下さい。 弊社にお客様が使用されているフォントが無い場合、正しく表示されないためです。 1.入稿用のデータとしてファイルをコピー
2.「オブジェクト」→「すべてを表示」(選択できない場合は問題有りません)
3.「オブジェクト」→「すべてをロック解除」(選択できない場合は問題有りません)
4.「選択」→「すべてを選択」
5.「書式」→「アウトラインを作成」
○アウトラインの確認について
下の方法でフォントがすべてアウトラインされていることを確認してください。 「文字」→「フォントの検索・置換」または「ファイル」→「書類情報」→「フォントの詳細」。 必ずフォント情報は全て削除しておくようお願いいたします。
○トンボについて
トンボは「フィルタ→クリエイト→トリムマーク」で作成してください。 「オブジェクト→トリムエリア」は印刷されないので、使用しないでください。
○余白について
裁断時の若干のズレのため、文字等の背景以外のオブジェクトが切れない様に、 裁断位置から内側に上下左右3mmの余白をもって、データを作成してください。 特にデザイン的な意図がある場合はかまいません。
○塗り足しについて
原稿サイズの端(裁断位置)まで背景などのイメージがある場合は必ず3mmの塗り足しを作成してください。 塗り足しが無い場合、裁断時の若干のズレのため、用紙の端に白い紙色がでてしまう場合があります。
○ロック機能について
入稿時にはすべてのオブジェクトとレイヤーのロックをはずしてください。
○隠す機能について
“隠す”コマンドを使用した場合でも、弊社でデータを開いた際には全て表示されますので、 入稿時に不要なオブジェクトはすべて削除してください。
○透明、効果機能について
透明、効果などの機能を使用した場合、正常に印刷されない場合があります。できるだけこの機能は使用しないでください。 使用する場合は分割設定<ファイル→書類設定→透明(パネル)>を行ってください。 “ラスタライズ/ベクトル設定をベクトルの方にスライド(100)してください。
○オーバープリント機能について
オーバープリントの機能を使用した場合、正常に印刷されない場合があります。できるだけこの機能は使用しないでください。 特に使用したい場合にはどの部分に使用したかを必ずお知らせください。
○カラーモードについて
カラーモード(イメージ→モード)はCMYKにしてください。RGBモードからCMYKモードに変換の際、色の変化が生じることが ありますので、始めからCMYKモードで制作されることをお勧めします。 また、画面上ではRGBの光でモニターに画像を表現します ので、モニター上の色と印刷時の色はかなり異なりますのでご注意ください。 色にこだわる方には色校正(別途費用)を行うことをお勧めします。
○カラー指定について
特色のオプションを利用しない場合、CMYKの4色のインクでフルカラーを再現しますので、それ以外のカラーは最終的にCMYKに 置き換えられます。Adobe Illustratorの色パレットで特色やカスタムカラーを指定されても思い通りの出力結果が出ない場合が多 いので必ずCMYKでのカラー指定をお願いします。
○ベタ、網かけについて
印刷機の構造上、広い範囲のベタ塗り(特にシアン・ブラック)、網かけはムラになる可能性があります。 7%以下のカラーを印刷した場合、網点の間隔が広くなる為、荒くみえる可能性があります。 特に0%から始まるグラデーションは注意してください。
○線について
線を作成する時、カラーパレットで塗りのみの設定になっていると、印刷ではほとんど線がでません。 必ずカラーパレットの線に色をつけてください。
○ファイル名称について
ファイル名称は全て半角英数字で保存してください。日本語でファイル名を作成しないでください。 文字化けが発生しリンク切れする場合があります。また001.epsのような単純なファイル名は使用しないでください。 弊社のコンピュータ内に同じ名前のファイルが存在する場合、間違ってリンクする可能性があります。
○画像データについて
画像は使用するサイズで作成し推奨解像度は350dpiです。低解像度でのご入稿は画像が粗くなります。 高解像度の画像を低解像度に変換することは可能ですが、低解像度から高解像度に数値を上げても画質は向上しませんのでご注意ください。 画像モードは必ずCMYK、グレースケールのいずれかで保存してください。 その他のモードで入稿された場合は、弊社にて色変換いたします。色調の変化はご了承ください。 保存時にはレイヤーを統合し、不必要なチャンネルは捨て、EPS形式で保存してください。

データ作成上の諸注意(折り加工)

○3つ折り加工等の内側に折り込む面のあるもの
内側に折り込む面と外側に折り込む面があるような折り加工を追加する場合、全てを同じ幅で作成すると 紙の厚みによりズレが生じることがあります。中に折り込む面は他の面より3mm程度短く作成してください。

巻三つ折りデータ見本 例〉3つ折り(A4サイズ)の場合
中に折り込む面(赤色の面)…97mm
残りの面…100mm
*両面印刷の場合、裏面は折り込む面が表面と左右対称になりますのでご注意下さい。

お問い合わせ

お電話や下記からもお問い合わせ可能です お問い合わせ

フライヤー印刷・チラシ印刷

ポストカード印刷・DM印刷

ポスター印刷

名刺・ポイントカード印刷

封筒印刷・事務回り用品

加工印刷物 他

ノベルティ印刷

ページのトップへ戻る